30209bb6985d92895140f13a8e683d0f_s


1: マジレスさん 2010/11/16(火) 20:29:42 ID:FJUfYQH5
最近死について深く考えすぎて
全ての行動に「死」がまとわりついている。
どうやって死と向き合えばいいのか教えてくだされ。

2: マジレスさん 2010/11/16(火) 20:35:32 ID:CiEvIwB/
人間はいつかは死ぬ。心臓が勝手に止まるから死んだらわからんよ。
それより、人間は死に向かって生きている。生きてる時間を大切にして生きればいい。

6: マジレスさん 2010/11/16(火) 23:09:19 ID:pLVr+XSh
俺も時々考えるけど鬱になるだけで良いことない。
だからそのうち死ぬから適当にやろうと気楽に考えれ




8: マジレスさん 2010/11/16(火) 23:25:44 ID:PqLgV+me
逃げちゃ良くない。
目をそらさず向き合うのが大事。
生きるも死ぬも同じだよ。

11: マジレスさん 2010/11/17(水) 01:35:01 ID:VbZHZccm
死んで存在が何もかもなくなって、今やっていることはすべて無に帰す。
だからこそ、すべてが無に帰すからこそ、今が愛おしい。
生を浴びるほど享受して、俺は下を向かずにこの与えられた人生を走りぬきたい。
そう思ったら、死なんて怖くない。

14: マジレスさん 2010/11/18(木) 01:43:16 ID:rFCiOPnS
産まれたとき「おぎゃぁ!」って泣くだろ? あれは死への恐怖からなんだそうだ

どうやって死と向き合えば っていうか、誰でも死ぬのは怖いと思うんだな。
「死なんて怖くない」なんて言ってるヤツはただの強がってるヤツ
「強がってない」って言うんだったら、じゃぁなんで生きてんだよ?ってことだな。
だから向き合うも何も、死を抗えばいいだけなんだな。
死にたくない死にたくないってあがいてあがきまくって
それで死ねw
どうせいつか死ぬんだから。

30: マジレスさん 2011/02/06(日) 03:25:46 ID:LeFD7K4a
俺死ぬの?
死んだらどうなるの?
怖いと思うことも、後悔することも、でいないの?何も考えられなくなるの?
2度と?
本当に死ななきゃいけないの?死なない方法はないの?
怖い、怖いよ、こわい
怖くて気がおかしくなりそうだ、眠れない

34: マジレスさん 2011/02/11(金) 15:41:29 ID:TiJramKd
>>30
眠れないって言ったって、眠るだろ。
今までだって、眠ったろ。
眠ってる間の自我は無いだろ。
それが死だよ。
肉体は生き続けていても、精神は毎晩死んでんの。
朝起きると居る自分は、昨日の自分とは、同じ記憶と同じ思考を持った「別人」
寝てる間に記憶は整理されるから、全く同じ人間として起きる事はないからな。

31: マジレスさん 2011/02/06(日) 09:24:20 ID:NS9noP+i
この世から自分という存在がなくなること自体考えられないんだよね

当たり前に存在してるからこそ

32: マジレスさん 2011/02/11(金) 15:19:29 ID:tzQ4S0UW
>>1
安心しろ。肉体は死んでも、魂は生き続ける。
性格も、生きている間に培ったものが、そのままあの世に持ち越すだけだから。
肉体を捨てる事以外、何も変わらない。

41: マジレスさん 2011/02/20(日) 20:21:35.44 ID:MjLWKXt9
なにがどう恐いの?
持病で心肺停止・一週間意識不明になったことあるけど、逆に
死の恐怖なんてこれっぽっちもないよ。
普段通り夜眠くなってベッドに横になって目が覚めたら病院だったから、
もしあの時意識戻らなかったら死んでたのかもと考えると
死って痛くもかゆくもなく本当にあっけないもんなんだなぁって思う。
逆に、重度の後遺症とか脳死状態になって身内に負担かけることのほうが恐い。

65: マジレスさん 2011/03/03(木) 18:16:51.83 ID:5PBspZY4
死はどんな人にも平等に訪れる。
だから絶対的な恐怖。
怖いのが普通。
逆に死ぬのが怖いってことは生きていたいという思いがあるからなのでは?
いいことだと思います。

ただ、自分が死ぬことを自分は捉えることが出来ないでしょう。
自分が死んだら「死んだ」と知覚する意識が既に止まっているのでしょうし。

どんな死に方をするかは分かりませんが、人は生まれてしまった以上、
いつかは死にます。
その時まで悔いがない様に過ごしてみては如何でしょうか?

80: マジレスさん 2011/04/11(月) 22:29:06.61 ID:+KDNwdMp
死ぬ間際の苦しみや恐怖は
脳内麻薬で逆に幸福へと変換される
人間は死ぬ瞬間が一番幸福だと言う話もあるくらいだ
何も恐れることはない

86: マジレスさん 2011/04/14(木) 02:53:57.16 ID:YWWuKw41
死んだら終わりじゃなくて死んだら新しい世界に行けると考えたらどうだろうか。
死んだら現世では無い人の知り得ないどこかに行けると考えたらワクワクしないか?死ぬのが楽しみにならんか?
人間世界での役割を一旦、終える事が死。あくまで一旦。また、人間世界に生まれる人もいれば、異世界に行く人もいると考えてみた。wktkが止まらんぜ。
結局、考え次第だね。死が怖いか、幸せかなんて死んだ人に聞いた訳でもないからわからんっ。結局、己が全てさ。
長文スマソ

99: マジレスさん 2011/05/09(月) 23:26:20.53 ID:uQhC/bju
死が怖いと思うのは、やりたい事がまだあるから。
そして世の中の大抵の人は、やりたい事を全てやれずに死んで行く。
だからあまり怖がることはない。

106: 1 2011/05/17(火) 13:50:57.67 ID:wOqHiroK
死ぬまでが怖いんだよね。。死ぬのじゃなくて。。。
だろ? 苦しいかもしれないし、痛いかもしれない、、、
運がよければ??なにもかんじずに。。。。 

120: マジレスさん 2011/05/22(日) 12:48:12.23 ID:SxFrX4n2
天国とか地獄とか、極楽浄土とか、輪廻転生とか
本当に都合の良い妄想だよなあ
死ぬのが怖くて怖くてたまらないけど、そんな妄想に浸かって、死に向き合わないまま、無になってしまうことも怖い

135: バレンシア 2011/05/23(月) 23:00:02.76 ID:bbIb0qK8
死を真っ向から受け入れられる人間なんて存在しないと思うよ。怖いのも理解出来るだけどその事をずっと考えるって事はいいことじゃないしやらなければいけない事が他に沢山あると思うよ。

150: マジレスさん 2011/05/29(日) 22:35:19.15 ID:tM3FayA/
死ぬ事自体は正直、あまり恐怖は無いなぁ・・

只、自分が死んだ後、死後の世界なんて有るのか?
無いのか?が気になってしまって・・・天国も地獄も全然信じちゃイナいんだけど、何か不安になる。

154: マジレスさん 2011/05/31(火) 02:56:14.34 ID:eVIcaTo5
人はいつか絶対に死ぬって幼い頃に知って怖くなり、成長するにつれ死んだら燃やされて粉々の骨になるって知って更に怖くなり(実際に身内のそれをこの目にしたし…)

自分が死んだ後もこの世の時間は止まらず、地球や宇宙そして人類はいつまで存在するのかと考えたらもうね…

少子化の時代だし。もし生まれ変われるならまた地球の日本という国に人間として生きたい。

155: マジレスさん 2011/05/31(火) 03:13:33.79 ID:u2axdp5Z
身内の骨を自分の手で拾ったら
逆に自分の死についてはそれほど特別なことには思えなくなったけどな
ああ、ただ人はこの世に生を受け、ただこの世を去っていくんだなと
すごく素敵な人だったからかな、
いいことしたって悪いことしたってどうやったって死ぬときゃ死ぬんだと
ごくごく自然なこと
ただ、自分の周りでなにかをやり残して亡くなっていくのはもう嫌だ

173: マジレスさん 2011/06/08(水) 00:25:06.48 ID:c3syq+br
ここにいる人はネクロフォビア?ってやつなのかな?自分も身近な存在が他界した時思ったよ。つい昨日まで目の前にいたのにもう世界中のどこにもいない。どこへ行ったんだろうってずっと考えてた

175: マジレスさん 2011/06/08(水) 00:29:37.47 ID:Q1umCfrk
>>173
ちゃんと調べたわけじゃないが、死の恐怖に悩まされる人は
哲学的と言うか、死後の世界と言うか、人生の本質と言うか、
そのあたりの認識がいまいち足りないことが多い。

251: マジレスさん 2011/06/25(土) 22:22:47.25 ID:Cur07eC8
俺も2年ほど前、死ってもんがすごく怖い時期があった
でも、人間最終的には死んじゃうわけで、それは生命の法則なんだよね
そう考えるようになったら少し楽になった。いつ訪れるかわからない死を怖がるより、死ぬまでに好きなことを目一杯やろうと思うようにした
もちろん命を粗末にするような無茶なことをしようとは思わないけど

あの世とか霊魂とかって、死んだ後人はどうなるかわからなくて怖いから、死んだ後そういうものがあるんだと思い込んで安心するための、いわば逃げ道みたいなものだと思う
死んだ後の世界なんて死人にしかわからねーわけだし、今生きてる俺が知り得ることができる訳ない

260: マジレスさん 2011/11/03(木) 23:33:46.68 ID:eNaz+hIe
自分に見えないことや、わからないことが怖いと思うのは当たり前だと思います。
例えば私は、子どもの頃は怖いと思ってたことが、大人になって物事がある程度見えるようになったら怖くなくなったことがあります。言い方を変えると、恐怖を克服したってことでしょうか。
死後の世界が怖いと思うなら、死後の世界について調べてみてはどうでしょうか?
死というものは、生きている者に平等に訪れるものです。
みんな、この世に生をうけた時から、死が約束され、死に向かって生きています。
死ぬことにばかりに目を向けて、生きることから目を逸らすのは、生きることが見えないから、今も先も見えないから、当然怖いですよ。
そうなると、死ぬことというより、生きることが怖いんですよ。
死がいつか訪れるものなら、それを受け入れ、その狭間をどう生きるかに目を向けたほうがいいのではないでしょうか。

289: マジレスさん 2012/04/22(日) 23:10:10.29 ID:yv0Rg2T0
死ぬのは寝て意識がないのと一緒。ただ目覚めないだけ。
夢のない永遠の状態だよ。端的に言えば生前の状態だ。
死後の世界があるとか天国があるとか輪廻転生するとか言うけど
それは死なないとわからない。
ただ言えるのは今のこの時間で今の自分で地球上で生きる人生は一度きりということ

俺も死ぬのが怖いというか死んだらどうなるんかな~とか考えたりしたことあるけど
あまりいい気分にはならなかったし考えるだけ無駄というか
人間に限らず生命体である以上は死は必ず訪れるもの
早いか遅いかの違いだけ。
だからそれは生命の宿命と受け入れていかに楽しく充実した生き方をしていく
かを考えて生活しているよ。生きてる間にやりたいことやって後悔のない人生にしたいし

296: マジレスさん 2012/06/06(水) 20:14:34.93 ID:4Qt7EvfE

トルストイは死が近づいてくる時の実感について次のように語っている。

「死は私にとって恐ろしさを失い、私は死が生のエピソードの一つであり、
生は死によって終わるものではないとの認識に日毎に近づいた。」

人生は奥深い。何も死に急ぐことはない。このトルストイのことばの意味
するところをゆっくり考えてみよう。

302: マジレスさん 2012/06/29(金) 01:39:42.45 ID:t6T6HyI8
若いときと年老いたときでは死に対する考え方は変わってるかもな
それに辛いことばかりで死にたい人もいるからな。自殺の多さが物語ってる

まあ遅かれ早かれ必ず死はくるんだしあまり考えてたりくよくよしても
意味がないというかそんなこたあ考えずに人生楽しんでいこう




楽天市場のオススメ

気分転換に旅行に行くなら楽天市場トラベル


Amazonアパレルランキング
Powered by amaprop.net
Powered by amaprop.net おすすめ記事