45: マジレスさん 2015/11/20(金) 20:55:43.55 ID:FEnfEVwe.net
彼がラインで、

仕事がこうこうこうで、
いまはこういう状況になっていて、
クライアントがこうこうこうなっていて、
大変だったのだけど、こういう選択をしてやっとうまくいきそうだよ。
やー、苦労して大変だったけど、よかったよ~

と、全然つまらない上に興味のない仕事の長文ラインを最近送ってくることが多いのですが、
これはなんなのでしょうか?
つまらないし私に関係ないし専門的なことで意味不明なのをすごい説明してくるんですが、何目的なのかわからなくて、、独り言?





引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/jinsei/1447924901/
46: マジレスさん 2015/11/20(金) 20:59:49.84 ID:tLYesvV4.net
>>45
君に凄いねって言って貰いたいんだよ
子供が100点のテスト持ってきて褒めて褒めてって言うのと一緒


47: マジレスさん 2015/11/20(金) 21:06:15.52 ID:z3qS74uF.net
>>45
自分の状況と感情を共有したいタイプなんだよ
小説のあらすじのように自分のストーリーを伝えて
その時々の喜怒哀楽を語りたいし
あなたにもそのストーリーを読んであなたなりの感想を持ってもらいたい
そんなタイプの人


49: マジレスさん 2015/11/20(金) 21:17:24.21 ID:hkeRgptC.net
>>45
まるで飼い主に「がんばったでしょ!すごいでしょ!」ってネズミの死骸を見せにくる猫ちゃんみたいだね
「こんなに仕事できる俺(ウットリ)」を彼女にも見せてチヤホヤされたいんじゃない?
要は気持ち良くなってるところに更なる称賛や拍手が欲しいんだよ
いい大人がウザいねw


51: マジレスさん 2015/11/20(金) 21:21:03.39 ID:+StnK06C.net
>>45
彼はナルシスト。
貴女より自分が大好きなんじゃないかな。
先々苦労するよ。常に褒めてあげなけゃいけないからね。


65: マジレスさん 2015/11/20(金) 22:16:19.38 ID:S7JtDX+N.net
21歳男です。
私は今人生の岐路にいると思っています。大学生なのですが、勉強のレベルについていけず取得単位が全然足りません。部活動で大学に入ったので、バイトもあまり出来ずそのせいか物凄く金に執着心があります。金さえあれば…と
正直毎日吐きそうです。将来どんな仕事に就きたいかも決められず、内容の分からない授業を聞き、部活動をこなして夜遅くに帰宅する。使える時間も、金も無い。
いっその事辞めようか…とも考えましたが様々な方のおかげでここまで来たんだからと考えるともう訳が分からなくなってきました。
いきなりすみません、もし何か思う事があれば返事お願いします…


67: マジレスさん 2015/11/20(金) 22:21:06.41 ID:7g5crjsx.net
>>65
金さえあればって思うことはそもそも悪いことじゃない。
お金がなければ欲しいのは当たり前。

本当に問題なのは将来をどうしたいか?
部活の運動を職業にしたいのか?
諦めるのか?
大学で必死に勉強して大学の学問を強みに働きたいのか?卒業さえできればいいのか?

自分の将来一番したいことをまず考えてみて。


71: マジレスさん 2015/11/20(金) 22:35:55.44 ID:5pXqVUpM.net
>>67
お返事ありがとうございます。
自分のしたい事が分からない(決める根性が無い)から無気力な毎日なのかも知れません…


72: マジレスさん 2015/11/20(金) 22:36:38.62 ID:+lSrCoUh.net
私は現在精神障害3級を持っています、数年前に資格の学校で知り合った方の会社に拾ってもらい社員として働いております
働きだしてからしょっちゅう細々としたミス、マイナス思考、パニックになるなどがあり知的にも障害があるのではと思うようになりました
こういった診断は何処で行うものなのでしょうか?
あまりにミスが多いので死んでしまいたいです


74: マジレスさん 2015/11/20(金) 22:42:01.72 ID:7g5crjsx.net
>>71
それも悪いことじゃない。
ゆっくり休めばいい。
人生長いんだから。
>>72
精神科だけど。
気休めだけど
焦らず、ゆっくりね。
診断ついたって苦しむだけだよ。





楽天市場のオススメ

気分転換に旅行に行くなら楽天市場トラベル


Amazonアパレルランキング
Powered by amaprop.net
Powered by amaprop.net おすすめ記事